社員研修を受けると多くのことが身につけられる

最低限のマナーを身につける

社会人にとって大切なもの…それはマナーや身だしなみですよね。でもマナーや身だしなみが守れている人ってなかなかいなかったりするものです。身だしなみでは寝ぐせとかは気を付けたいですよ。ちょっと早起きして準備すれば済むことって多いんです。遅刻寸前で出社してくる人は、顔も洗っていませんから目ヤニがついていたり、無精ひげや鼻毛が飛び出しているなんていこともありますよ。社員研修ではみっともないことにならないように、最低限のマナーや身だしなみを身につけるんです。

講師が教えてくれること

会社によって講師によって研修のスタイルは違います。でも学ぶべき本質みたいなものは、どの会社の研修でも変わらないでしょう。電話の応答なんかも社員研修の定番とも言えます。相手がいる仮定で言葉使いの練習もします。パソコンでやり取りすることも多いですから、メールの書き方も失礼のないようにしなければなりません。新入社員だとこうした基本的なマナーを一から学ぶことになるでしょうね。研修で教わったことは追々必ず活きてきますので、気を引き締めて講義に望むべきですよ。

研修の狙いはここにある…

社員研修では、基本的なマナーから状況に合わせた言葉使いなどいろいろなことを学びます。新入社員ならいち早く企業の戦力になって欲しいという思うのが、会社側の狙いです。業務を覚えさえすれば、仕事だって簡単にできるでしょう。しかし、研修の本当の狙いは礼儀作法を含めたコミュニケーションにあるんですよ。研修を何人かまとめて行ったりするのも、お互いに話し合える環境にするためなんです。

管理職研修とは、社員を管理する管理職のマネジメント能力や経営課題を現場レベルに伝えるコミュニケーション能力などを学ぶ機会を企業が用意し行うことを言います。