白色、青色申告ってなに?確定申告時期に慌てないために

白色申告に向いている場合は

会社員で源泉徴収票が発行されていて、他に収入や医療費などの控除がない場合は基本的に確定申告をする必要はありません。しかし、白色申告は、フリーランスでいくつかの仕事をかけもちでしていたり、会社員の副業や、不動産賃貸収入などで会社員の給料以外に収入が発生したりしたときに原則翌年の3月15日までに税務署で確定申告することになっています。白色申告に向いている場合は、まだフリーランスになってからそれほど時間が経っていないため収入が少なく、申告する経費も少ない場合です。また、本業が会社員で副業分の収入がそれほど多くない、という場合などです。このように収入を申告する額が少なくて、経費もそれほどかかっていなければ、白色申告が向いているといえるでしょうもし、申告書の書き方が分からないときには、税務署の方が親切に教えてくれることも多いです。経費をもれなく申告するために、領収書などは失くさずに必ず保管しておきましょう。

青色申告に向いている場合は

青色申告はどのような場合に向いているのかをみていきましょう。まず、フリーランスの仕事がある程度軌道にのってきて、収入が増えてくると経費もそれなりに計上することが多くなってきます。また、本業が会社員でも副業収入をある程度見込んでいる方は青色申告が向いているといえるでしょう。収入が多くなればなるほど、節税メリットが得られるのが青色申告ですが、その分申告にあたっての手続きが白色申告より事務処理が少し大変です。まず、収入の状況をみて10万円くらいは節税したいと考えている場合には、多少手続きが面倒でも青色申告を選択したほうがメリットを得られることがあります。

白色申告は開業の申請をしていない個人事業主が確定申告の時にする申告方法の事で、確定申告の仕方は比較的簡単ですが申告による特別控除等はありません。